用友・金蝶の仕訳データを直接監視できるツール看看

月額1,000円~で中国子会社の不正を防ぐ「看看」 お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

中国ネタコラム

中国不正事例:得意先・仕入先との共謀

投稿日:2016/03/2

中国子会社の不正事例の主なものの一つに、従業員が得意先や仕入先と共謀するケースがあります。

そしてその得意先や仕入先が、当該従業員と血縁関係にある企業であることも多いようです。

 

このような事例に対応するためには、どうしたら良いでしょうか?

以下は対応方法のひとつとして参考にしてください。

(1) 中国子会社の財務会計システムの得意先マスタや仕入先マスタに、新規登録された企業を把握する。
(2) 次に、(1)の新しい得意先や仕入先について、企業調査をする。
(3) (2)の調査で判明した、得意先や仕入先の経営者が、従業員名簿にある親族と一致していないかどうかを確認する。

 

もちろん、これで不正がすべて発見できるわけではありません。

重要なことは、新しい得意先や仕入先については、親族が経営しているかどうか、

企業調査をしているということを、全従業員に認知させることです。
これによって、共謀をする「機会」を減退させることが期待できるでしょう。